【感想】天狗屋敷の殺人

ネタバレあり

 林業で財を成した霊是りょうぜ 家の当主春秋はるあき が行方不明となって七年。死亡扱いとなり遺言書が開かれる場に居合わせた古賀と樋山ひやま が殺人事件に巻き込まれて行く。

 山を手放したい春秋の息子一高かずたか と山を守りたい春秋の弟冬夏とうか 。遺言が開かれた場で冬夏が心臓発作で急死し急遽葬儀が執り行われるが、冬夏の遺体は棺から忽然と消失していた。

 シンプルな王道本格ミステリで面白かったです。

 一族の遺産を巡るあれこれが絡んでいそうなシチュエーションや遺体が消えるという謎めいた事件も面白かったです。

 犯人に関してはかなり怪しい動きをする人物がいるのでそうそうに目星は付くと思いますが、Howの部分が最後の事件なんかは見当も付かなかったですしトリックには驚きました。

 遺体消失は朽木が遺体をバラバラにしておいて棺の窓から取り出したのかなと推理しましたがやったことは概ね当たったものの理由は大ハズレ。タイミングはお寺に運び込んだ時にもう一つの棺とすり替えたのかと思いましたが法道和尚も共犯だとは思いませんでした。

 一高殺しは毒矢を使ったと思わせて合図の呼び笛に毒を塗っておきアリバイを確保し後から朽木が矢を刺したんじゃないかと思いましたが大ハズレ。

 樽峰殺しについては先の通り見当も付かず、特に貼られていたお札はなんの意味があるのか気になりました。

 探偵役の樋山によりすべての謎が解かれますが、気付かなかった細かいヒントや伏線がたくさんあり驚かされました。どこかで使われるだろうなと思っていた浴びせ倒しがあんなピタゴラ殺人装置のヒントだったとは。

 大きなどんでん返しとかがあるわけではないですが雰囲気のある舞台と唸るトリックに向き合えて楽しかったです。

【感想】探偵に推理をさせないでください。最悪の場合、世界が滅びる可能性がございますので。 2

ネタバレあり

 先日書店に立ち寄った時に東京創元社さんの70周年フェアでシャーロック・ホームズが初登場する作品「緋色の研究」の限定カバーを見つけて購入したところ、原題が「A Study in Scarlet」であることを知ってなるほど『本格の研究』スタディ・イン・パズラー の元ネタはこれなのかと今更知りました。

 閑話休題、今回もとても面白く、本格的にすいほろの物語が動き出したという夜方先生の言葉に納得しました。これからメインヒロイン一人一人に焦点を当てた物語が描かれると思いますが楽しみです。

 古い言い伝えが残る島といういかにも何か起こりそうな舞台に万桜花よろずおうか の屋敷にはいかにも裏がありそうな使用人達。そこで行われる神事で殺人事件が起こるというミステリとしてはこれ以上ないシチュエーションにワクワクしました。

 遺体発見現場と殺害現場が違うのは分かりましたがどうやって移動させたのかはギリギリまで分かりませんでした。犯人も一目散に祠に向かった内木だと思ったので大ハズレ。

 今回も理耶りや の力で生まれた怪物とのバトルがありましたが、さらにイリスの物語である『真理の九人』とのバトルもあり熱かったです。

 前回不明だった雨名うな の異能も明かされ彼女の物語も気になるところです。雨名で印象に残ったのは祭りの射的で獲ったぬいぐるみを迷うことなくイリスにあげたところです。雨名のイメージなら姫咲きさき に捧げそうなところを彼女に言われたでもなくイリスにあげるところが意外で、本当はすごく優しい人なんだろうなと感じました。

 兄を喪ったイリスの過去も明かされ、幸太を兄の代用品としているというハングリィのゆさぶりに対する幸太の、お兄さんの代わりでも構わない、そんなことは関係なくてただイリスが大切な存在なんだという言葉が泣けました。もっとも、これはハングリィの異能でイリスが視た虚構だったのですが、本物の幸太もきっと同じ事を言ってくれていたと思います。

 いよいよクライマックス、名探偵登場で虚無の異能を無に帰す展開が面白かったですが、その際の「証拠を見せてください」「ちょっと待って」「早く」「いやだから……」みたいなやり取りがコントみたいでクライマックスの緊張感とのギャップが可笑しかったです。

 理耶と幸太の過去の繋がりも匂わされ次はどんな事件が待っているか楽しみです。

【感想】探偵に推理をさせないでください。最悪の場合、世界が滅びる可能性がございますので。

ネタバレあり

 面白かったです! とても面白かったうえであのレジェンド作品にインスパイアされた作品なのは明らかで、あらためてあのパッケージの面白さも再認識した気持ちです。

 そもそもタイトルやあらすじから探偵の推理に合わせて現実の方がねじ曲げられるみたいな話かなと思った時に思い浮かんだのが「孤島症候群」だったので。

 ところどころ実在のミステリー小説のタイトルが出てくるのがこれ読んだなとかこれは知らないなとか思えて楽しかったです。

 最初の事件で幸太が事件現場の様子を説明しますが一気呵成に説明したけど伝わらないと思うのでと見取り図が入っていて、その後の事件も同じで分かりやすくて良かったです。

 最初の事件はシーソーを使ったのは当たりましたが隣のジャングルジムから飛び降りた反動を使ったのかなとか思ってましたし犯人には見当も付いていませんでした。「なは」に惑わされてしまいました。

 それだけで一つのシリーズが出来そうなバックボーンがヒロイン達それぞれにあり、今は理耶りや の物語だけど舞台が変われば全員がメインヒロインなんだという姫咲きさき の言葉にこれからの色々な展開を期待してワクワクしました。

 特に現代異能バトルっぽいイリスの『真実にいたる眼差しトゥルーアンサーアイズ 』と変身ヒーローもののような姫咲の『天魔を喰らいし者ヴァイルイーター 』の世界観が好みです。能力が明かされていない雨名も気になります。

 ミステリー部分も楽しかったですが、魔人と魔法少女が暴れるバトル部分も面白かったです。モンスターだったり神だったりの強敵はこれはこれでミステリ作品の一部じゃなくて普通にバトルものが出来そうですし、姫咲に宿るダベルのキャラクターも悪魔っぽくて良かったです。ダベルはぜひCV:木村昴で。

 倒す方法はないかと思われた神に幸太の推理と理耶の力で勝利するのが熱かったです。

【感想】シャーロットはただ、事件を解きたい。 探偵はもう、死んでいる。Code:RED

ネタバレあり

 本編開始の半年前。名探偵の弟子としてその意志を引き継ぐ決意をしたシャーロットの身に起きた事件を描いたスピンオフ。

 異能犯罪対策室長からの求めを受けシャーロットは魔術の関わる事件の解決に協力をすることに。相棒として過去視の魔眼を持つ魔装探偵・シャルネリアとコンビを組むことになったシャーロットが向かわされたのは衆人環視の中でインフルエンサーが殺された現場。

 事件自体はシャルネリアの異能により真相がすぐに判明しますが、異能の存在を公にしないために異能を使った犯行を現実に実行できる推理を組み立てるところが面白かったです。

 シャルネリアと二人で水族館に遊びに来るもシャーロットは彼女とはぐれてしまう。そんな中だれも知るはずのない「お客様の中に探偵の方はいらっしゃいませんか?」というアナウンスが流れ、罠と知りながら最深部に向かったシャーロットはシャルネリアと合流するも施設が爆破され水没の危機が迫る。

 自ら足手まといだというシャルネリアを最深部に残して救助を呼びに向かうシャーロットに異能犯罪対策室長・燈幻郷から大規模な魔術テロの兆候があることが伝えられ、さらにその中心がこの水族館であることが告げられる。

 シャルネリアが裏切ったと思わせて黒幕に犯罪を実行させるために残っていたというのが面白かったです。犯罪を未然に防いでは犯人の罪が軽くなってしまうのであえて起こさせるという考えが歪で双子の入れ替えトリックも面白かったです。

 そして黒幕が燈幻郷でシャルネリアの人格入れ替えもブラフという、最終盤の怒濤のどんでん返しの連続がとても面白かったです。この日のこの事件を推理して手を打っていたシエスタの先読みが凄すぎました。

【感想】灰と幻想のグリムガル level.21 光と闇を切り裂いて征け

ネタバレあり

 オープニングはマナトがグリムガルに来る前の様子が語られますが、西暦2100年の日本は世紀末的な恐怖と暴力が支配する荒廃した世界だったようです。戦争なのか他の要因なのかは語られませんでしたが動物が大型化してたり三つ目の熊がいたりするあたり元々ファンタジーの入った世界線だったのかも知れません。

 前巻、方舟に人が来たのは約四十年前が最後とハルヒロが言っていたのでそれがハルヒロ達の事であれから四十年後だと思っていましたが別の人のことで、実際は百年近く経っていたのは驚きました。

 方舟近くに現れた神官兵と戦闘になり途中ユメの子孫のヨリとリヨが助けに入ります。

 ヨリは六熾という剣と魔法のような技を使う魔法剣士な感じでリヨはオドラッドという格闘術を使い格闘する時のユメのような感じでした。

 現れた神官兵は侵攻の偵察と見当を付けたハルヒロ達はダムローの様子を窺いに行くことに。

 そこでゴブリンが虐げられていることを知ったヨリとリヨはゴブリンの解放を決意しハルヒロ達も手伝うことに。

 ピンチになりながらもその場を切り抜けたハルヒロ達は一人のゴブリンと知り合いタタと名付けると仲間として再びダムローへ。

 そこに待っていたのは聖者として異形と化したかつての神官タダ。そこにさらに鬼神として異形と化したかつてのチビも現れる。

 タタとマナトが仲良くなっていく場面は心温まりましたが今後多分楽しいことにはならないんだろうなと思うとこの温かさが逆に辛い。

 頭脳明晰だったかつてのマナトと違いこちらのマナトは両親の影響で怖い時でも笑ってしまうなど性格が全く違っていてあぁしっかり別人なんだなと思いました。日本に居た時から傷がすぐ治ってしまう体質なのはなにかあるのか気になります。

【感想】神は遊戯に飢えている。 8

ネタバレあり

 十勝を目前にしフェイ達が次に挑むのは天使フレイヤの学園ステルス探索ゲーム。

 読み始める前はあらすじや口絵から前回のマーダーミステリーみたいにフェイ達が天使の学園で学生を演じて疑似学園ラブコメしながら目的を達成する話なのかなと思っていましたが、予想と違ってステルスしたり敵モンスターから逃げたりカオスな内容で面白かったです。

 十勝して何を願うかという問いに考えてなかったというパールとネルの様子にほっこりしました。目的はあるけれどそれを遮二無二めざすのではなく目の前のゲームを楽しむというフェイ達の姿勢がとても好きなシリーズです。神も全力でゲームを楽しんでいて楽しんでいなければそれはゲームではなく攻略不可能なものになるというヘレネイアを指したラストのフレイヤの言葉が対に感じました。

 制限時間に追われるゲームでしたが最速でクリアを目指すべきか丁寧に探索していくべきかの相談をするところで、ゲームを作ったマスターなら最速でクリアされても楽しくないし時間ギリギリあと何秒でクリア出来るか出来ないかの方が面白いというのがさすが楽しませることを考えてる職の方の文だなと感じました。

 叡知の書が並べ替えるあるいは逆から読むというのは途中で思いましたがフェイの言葉通りそれに気付いても最果てがどこにあるのかは分からず、逆から読むのが下の層からクリアしたからだというちゃんとしたロジックもなるほどと納得しました。

 フレイヤの攻撃を利用したギミックや文字通り学園すべてを使う最後の謎解きも面白かったです。

 ついに九勝し王手がかかったはずのフェイ達ですがエピローグを読むにどうやら大きなどんでん返しがあるようで楽しみです。ヘレネイアがゲームの楽しさを思い出せますように。

【感想】ライアー・ライアー 15 嘘つき転校生は最強の嘘を真実に変えます。

ネタバレあり

 シリーズ完結! 学園島の全てを騙し続けてきた緋呂斗ひろと の戦いが遂に決着の時を迎えます。

 越智おち との最終決戦、文字通り全てを懸けた戦い。最後の最後はこの嘘の始まりである緋呂斗が偽りの七ツ星であるということまで利用し越智に勝利したのが熱かったです。

 最終章は昔のRPGで稀によくある平和になった各地を回るヤツみたいで楽しかったです。

 幼馴染みはどっちなのか最後までドキドキしました。結局分からずじまいで「俺達の戦いはこれからだ!」や、緋呂斗は分かっても読者には明示されないパターンもありかなと思っていたのでしっかり決着が付いたのも良かったです。

 これからも学園島アカデミー では熱い《決闘ゲーム 》が続いていくんだと思うと胸が一杯になります。